あなたは強めが好き?弱めが好き?

こんばんは。沖縄 宜野湾 アロマテラピーサロン『ReleasingTime~手放す時間』の石川です☆

 今日は現在通学中のAEAJアロマセラピストコースの実技練習でした。

 アロマトリートメントの圧。あなたは強め派?それとも弱め派?

 好みが大きく分かれることだけど・・・ あくまで私個人の好みは弱めが好き。

 でも、ただ弱いだけじゃなくて・・・ ピタ~ッと手が密着してて、スピードもゆっくりで・・・

 弱い圧でも満足できる要素ってあるんだな~と、今日改めて実感しました。

アロマトリートメントの第一目的

以前のブログ(アメブロ)でも記載していましたが、アロマトリートメントの第一目的は『精油の芳香成分を身体に吸収させること』。

身体(筋肉)をほぐすことが第一目的ではないと考えています。 

精油をブレンドしたオイルを使ってトリートメントするのもアロマテラピー(経皮・鼻・呼吸の経路)

植物油のみだけのトリートメントだけど、精油で芳香浴をしながら行うのもアロマテラピー(鼻・呼吸からの経路)

身体や心の緊張がほぐれるのは、あくまでアロマテラピー効果を期待することと、タッチング効果によるもの。それがアロマテラピートリートメント。

と 私は 考えています。

身体(筋肉)をほぐすことが目的になってしまったら、整体や按摩・マッサージになっちゃいます。

自分が受けて分かった『眠れる』と『眠れない』の違い

アロマの資格を取る前からあっちこっちのトリートメントを受けてはいますが・・・

最近気づいたこと。

すーっと意識が遠のいて、身体が緩んで眠れる。実は私自身眠れるサロンが限られています。

というよりも・・・意識が落ちる~~~ってとこまでは行くんですが、圧が強くなると、そこに意識が向いてしまって、また頭が冴えてしまうんです。

気持ちいいですよ。でも、眠れない。

それがいいのか悪いのか・・・? ではなくて、もうこれは個人的な好みのレベルのお話です。

私が眠れるサロンは弱い圧。

でも、ただ弱いだけじゃない。

手がピタ~っと密着していて、身体全体をまんべんなく触れてもらっている感じ。

なおかつ、スピードが心地いい。

よくトリートメントは『呼吸に合わせる』って言います。それがこの心地いいスピードなんだろうな~と感じました。

色んなサロンで受けてみてわかった。『心地良いトリートメント』。それが『私の目指すトリートメント』

最初にトリートメントを学んだ先生から、レベルアップコースの講義で言われたこと。

『お客様の好みの圧に近づけるのは必要。でも、それに振り回されないこと。”私の”トリートメント圧というものを持っておくこと。』

この言葉。ズッシ~ンっと響きました。

サロンをオープンして、お客様にトリートメントを提供するようになって一番迷ったのがこれ。

『圧が弱い』

この言葉にものすご~く落ち込んでいたんです。

でも、

  • 『最初は弱いかな~と感じたけど、途中から心地よくなって眠ってしまいました』
  • 『強めの圧が好きだったんだけど、嫌な感じがひとつもしない圧だった』

という感想もいただいているのも事実。

どうしたらいいんだろ~~(泣)

って思ってたんです。そこに先生からさっきの言葉をいただいて、そっか~と納得。

『弱めの圧だけど、心地よいと感じてもらう圧』

これが私の目指すトリートメント。

それが弱すぎるのか、はたまた心地よく感じるのかは、お客様が決めること。ですね。

なるべくお客様の好みに近づける努力はするけれど、振り回されない

これが今の私の課題かもしれません。

最後にまとめ☆

あくまで私が弱めの圧だけど『心地よい』と感じる要素をまとめてみました。

  • 強すぎない。圧が一点に(指先などに)集中してない。
  • 手がピタ~っと密着
  • 広い面積を触れてもらっている
  • トリートメントが途切れていない(いったい何個手があるんだ??と感じるほど)
  • スピードがとにかく心地よい(ゆっくりというだけではないのですが)
  • そして眠れる

こんな感じです。ただ、これは私個人の好みだし、私自身がアロマトリートメントを受ける時は眠りたいという希望があるからです。そこだけはご理解を。

私もそんなトリートメントが提供できるように、日々練習ですね~☆

ちなみに、現在学んでいる先生のトリートメントも心地良い~~☆ まだ脚しか習っていないけど、強くはない圧です。

そして、『強く感じて欲しい時は、更にスピードを落とすといい』とのこと。

どんどん吸収しよ☆

そして色んなサロンで受けてみる。これも大切ですね☆

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください